悪玉コレステロールの値が気になる人におすすめの成分とサプリメント

血液の中に存在する悪玉コレステロールが多くならないようにすることが動脈硬化を予防します。悪玉コレステロールを増やさないためには、運動量を増やし、体にいいものを食べることです。

コレステロールを下げる成分や、排出を促す成分を意識して摂取することは、健康的な食事をすることと同じくらい大切です。食事のみでは、コレステロールを整えるために必要な栄養を補給することが困難なこともあります。

普段の食事からでは摂取しにくい成分は、サプリメントを利用して摂取するとよいでしょう。魚油に含まれているDHAやEPAは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やして、血液をさらさらにします。

秋刀魚やイワシなど、青い魚の油の部分にDHAやEPAはたくさん含まれていますが、近年では魚を食べる人が減少傾向にあります。サプリメントを活用することで、魚を食べずともコレステロールの調整を行うことができます。

コレステロールや脂肪が血管壁に付着するのを防ぐ成分に、レシチンがあります。レシチンは善玉コレステロールの働きを助けて、悪玉コレステロールの排出を促進します。肝臓に届けられた悪玉コレステロールは体外へと排出されますので、血液中の悪玉コレステロールを減らすことができます。

レシチンは大豆や卵黄に多く含まれている成分で、サプリメントとしても人気の商品です。サプリメントを活用することで、日々の食事だけでは身体に必要な栄養が不足していても、簡単に補給することが可能になります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です