赤ちゃんや子どもにも必要な紫外線ケア

子どもの紫外線ケアが重要だと言われるようになってきました。子どもは日焼けして外で元気よく遊んでいるほうが、健康的だと昔は誰でも思っていました。

最近では、紫外線が体に悪いことも知られてきており、紫外線ケアをすることは重要なことであると、日本国内でも知られつつあります。幼少時に、より多くの紫外線を浴びている子どもは、成人してからも皮膚がんの発症率が上がるといいます。

光老化の影響も、若いうちに浴びた紫外線の量か関係しているともされています。早いうちから紫外線ケアをすることが、体にはいい影響があると言われています。

人は、18歳までに、生涯浴びる紫外線の約半分を受けているという研究データもあります。子どものころにいかに紫外線ケアをするかが、大人になってからの皮膚の健康のためには重要だということが分かります。

子どもや赤ちゃんが紫外線を浴びるのが良くないからといって、一日中子どもを家に閉じ込めておくことはできません。屋外で行動するにしても、時間帯や季節柄を考えて、紫外線がそれほど強くないタイミングを狙うことが重要になります。

やむをえず、紫外線の強い時間に外出せざるをえない時には、行き先や、場所に気をつけるというやり方もあります。木陰や建物の陰のある場所を選んで、日差しを遮れるようにするといいでしょう。

日焼けどめクリームをきちんと塗って、帽子をかぶった上で外出をする習慣をつけることも、大事なことです。紫外線が体によくない影響を及ぼすものだということを子どもに伝えて、紫外線ケアを習慣づけるように教え込むひとも、重要だといいます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です