ウコン効果とサプリメントの利用について

ウコンのサプリメントがお酒が好きな人の間で人気のようです。ウコンのサプリメントを摂取すれば、お酒を飲んだ翌朝もスッキリするようです。ショウガの仲間であるウコンは、昔中国から日本にもたらされた植物です。

ウコンは、当時から珍しい薬草として扱われ、薬の材料などに使われていました。日本で一般的にウコンといわれているのは秋ウコンで、別名をターメリックといいます。ターメリックはカレーに不可欠な材料です。

そちらの方で日本人にはおなじみと言えるかもしれません。秋ウコンの解毒効果が最近非常に注目されており、ウコンのサプリメントもたくさん販売されるようになってきました。



ウコンが持つ薬用効果はたいへん効果的なもので、科学的にも確認されています。ウコンには炎症を抑える抗炎症作用、肝臓機能の向上、抗酸化作用の向上、消化の促進、がん細胞増殖の抑制などの効果があるといわれています。

ウコンは肝臓の病気に効く治療薬として古くから使われてきました。これは、ウコンが持っている成分が胆汁の分泌を促進するためで、肝臓の解毒機能が高まるからです。

ウコンに含まれるクルクミンは、胃や腸で吸収されるときにテトラヒドロクルクミンという非常に抗酸化作用が強い物質に変化します。テトラヒドロクルクミンにはさまざまな作用があります。血液中のコレステロールの酸化防止、動脈硬化予防作用、病原性大腸菌やピロリ菌の減少などです。

ウコンのサプリメントを飲むことで、二日酔いの予防だけではなくさまざまな健康効果を得ることができるのです。毎日の健康増進のために、ウコン入りのサプリメントを活用するようにしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です